リンク集: スーパーコピーブランド, グッチ服 スーパーコピー, フェンディコピー, シュプリーム ヴィトン コピー, ウブロコピー, ロレックスコピー, オメガ スーパーコピー, タグホイヤー スーパーコピー, シャネルJ12スーパーコピー, カルティエ スーパーコピー, オーデマピゲ スーパーコピー, パテックフィリップ スーパーコピー, ブレゲ スーパーコピー, カルティエ スーパーコピー, スーパーコピー

記事一覧

☆鍼灸師募集☆

ファイル 42-1.jpg

ただ今、秋山鍼灸院では鍼灸師の方を
募集しています。

院長(中医師)の指導のもと、本物の中医学、
中国鍼、その他あらゆる疾患に対する
アプローチを学べる素晴らしい環境です!

やる気のある方は、是非この機会に
当院で一緒に働いてみませんか?

詳しい募集要項はこちらにご連絡いただき、
直接お話をさせて頂きます。

Tel 093-771-8880

姫神


こんにちは♪


秋山鍼灸院。の
あの「うるさくて元気な人です」(笑)

今回は、最近、院内でヘビーローテーションで流れている
BGMについてお話します^^


秋山鍼灸院。院長の秋山先生と

「吸い玉」のファンタジスタ坪様が
       ↑
(この件については次回のブログで♪)

お気に入りのミュージシャン「姫神」。

ナントも素晴らしい楽曲を作っていて
我が院の雰囲気にピッタリなのです。


中国民族音楽の様であって、和の雰囲気漂さえも感じます。


施術を受けられる患者様にも
リラックスして戴けるのではないでしょうか(^.^)

この「姫神」というグループ
岩手県の盛岡市にある「姫神山」に由来しているらしく
岩手県を中心に活動されているらしいです。


東北地方に伝わる民謡などをモチーフに
楽曲を製作されているからか
何とも神秘的です。


秋山鍼灸院。にご来院の際は
是非、お耳もBGMに傾けて頂いてみてください^^

それでは、「姫神」の代表曲

「神々の唄」を

お楽しみ下さい

https://www.youtube.com/watch?v=t37hqA88t38

受付を、、、

ファイル 40-1.jpg

こんにちは♪

秋山鍼灸院の雑用担当の

あの「うるさくて元気な人」です(笑)

最近、お気づきの方もいらっしゃるとは思いますが

秋山鍼灸院の「顔」とも言うべき受付を

少しづつリニューアルしていってます(*^_^*)

明るく、スッキリと変えていこうと

先生はじめ、スタッフ一同いろいろやっています♪


やっぱり、メインになる場所なので
清潔感があり、質素にならずに
患者様をお迎えしたいですよね(^0_0^)


これから、もっと素敵にしていきますよ!!

と、いうことで

秋山鍼灸院の受付にいる三人の天使達に

癒されてください♪

とことん!

ファイル 39-1.jpg

北九州市、秋山鍼灸院。の院長の秋山です。
昨日、2月27日で45歳になってしまいました。

開院当初は33歳だったのに、いつのまにやらこんな年齢に。

子供たちも今春、長女が中1、次女が小4、長男が幼稚園の年長さんといつのまにやら大きくなってきています。

さて、私事ですが、10年ごとにスローガンを作ってやっています。
20代は「はちゃめちゃ」
30代は「がむしゃら」
40代は「とことん」
50代は「ゆうゆう」
60代はまだ考えておりません。

秋山勇人、40代とことん頑張ります!

写真は幼少時代の私です。

北九州マラソン 

ファイル 38-1.jpg

こんにちは♪


今日は、うちの鍼灸院に治療に来られている患者様が
この間、開催された「北九州マラソン」に出場され

見事!!

完走されたということで
完走記念メダルを持ってマラソン後の治療を
受けに来院なされました(祝)


この患者様以外にも数人の方が
やはり、マラソン大会に出場されたらしく

皆様、めでたく完走されたらしいです。


42.195キロですよ!

女子高生の体重ではありません、念のため(笑)

マラソン大会に出場するにあたり

患者様の足がスムーズ動くように
最後まで問題なく動くように

先生は、一生懸命に治療されていました。


こちらに写ってらっしゃる患者様も
来院されての第一声が

「先生!!

先生のお蔭で見事に完走できました!!」

と、喜びの声でした♪

そのような患者様の喜びの声を聴くと

私たちスタッフも本当に嬉しいです(=^・・^=)


こんな風に喜びと笑いに包まれ
皆様に愛される秋山鍼灸院を
これからも、どうぞよろしくお願いします(-_-)/~~~ピシー!ピシー!

それでは、最後にもう一度

作り笑顔の出来ない正直者の先生の笑顔を見て
ホンワカしてください(笑)

pm2.5@北九州

ファイル 37-1.jpg

最近風邪で鼻水が出て、喉が痛いと訴える方が急増中!
これ、風邪じゃないですよね。
たぶん大半がアレルギー性鼻炎ではないでしょうか。

喉が炎症を起こして熱まで出ることがあるので、みなさんご判断されるのは難しいと思うのですが、こちらは風邪よりも長引くし、流感の季節でもないのに、なーんとなく風邪っぽくない感じがします。

アレルギーか、そうでないかを判断するに、空を見てみるという方法があります。このとき太陽の方を見ると当然まぶしいので見ないようにしましょう。太陽がない方向の空を見て目がチカチカするときはアレルギーの可能性大です。

ここ最近、北九州市のシンボルマウンテン「皿倉山」を見たら色がへんですよね。

NASAの衛星画像では、日本中で北九州市が1番影響を受けているそうです。
せっかく自然災害の少ない幸せな町なのに…
特に、気管の弱い方や喘息のある方はかわいそうです。

鍼灸では、花粉症と同じように対応していきますが、花粉症に比べると治りにくいようです。また、近頃アレルギー性鼻炎の方は花粉の時期も入れるとほぼ1年中なので、いい状態を保とうとすると、継続的な治療が必要となってしまいます。
このままだと、昭和40年代の公害都市・北九州市に逆戻りしかねません。
将来、北九州市民全員がマスク姿とか…

中国国内でも問題にはなっているようですが、一党独裁、儲け主義の現状では、なかなか改善はされないでしょう。経済の事も自然環境の事もちゃんと考えてくれる政治のリーダー出てこないかなぁ~。日本にも。中国にも。

毎年恒例!芋煮会☆参加者募集中♪

ファイル 36-1.jpgファイル 36-2.jpgファイル 36-3.jpgファイル 36-4.jpgファイル 36-5.jpg

11月になりました。

11月といえば、毎年恒例の芋煮会。

宗像にある山本農園で開催されます。

畑の里芋を掘り、汁にして食す!

というシンプルなものですが、九州栄養福祉大学の
先生や生徒さん、北九州の鍼灸院の先生方、農家の皆さん、
薬草研究会のメンバー、山本先生をはじめとするドクターなど、
様々な分野の人たちが一堂に会し、純粋に自然を楽しみながら
ワイワイやっています。

この会も今年で10周年になり、なにか記念になることを
しようと皆さんから知恵をお借りした結果、記念木を植樹
することになりました。

さくら、しだれ桜、もみじなど、季節ごとに楽しめる木にしま
したので、山本農園にお越しの際は是非ご鑑賞ください。

芋汁もみそ仕立てと、オーソドックスなダシ仕立ての2通り
があり、サンマの炭火焼きやめちゃくちゃ美味しい合鴨米の
ごはん(卵かけごはんもOK)。

そして最後にみかんのお土産も付いて、
会費はなんと1000円(子供はただ)!

どなた様でも参加できますので、下記までお問い合わせ
ください。

お待ちしております。

北九州市秋山鍼灸院。
TEL:093-771-8880

夏バテ予防 part 3

ファイル 35-1.jpg

汗を大量にかいてしまうと、水を飲んだだけでは体内の水分は補えません。
なぜなら、汗と水は同じではないからです。

体液には、ナトリウム・カリウム以外にもたくさんの微量成分が含まれています。
スポーツドリンクでも同様です。

汗を大量にかくと身体がぐったりしてしまうのは、汗と一緒に微量成分も外に出てしまうからなのです。

普段スポーツでいい汗をかいている方でも、こう毎日暑いと汗を大量にかきすぎてしまい、
おもわず夏バテということになってしまいがちです。

こんなときにおすすめの食べ物は鍋!(正確には鍋の汁)

肉や魚、野菜のエキスがたっぷりと出ているので、
そのつゆを飲むことで大量の微量成分を補充することができるからです。

また、中国では丸鶏のスープを、身体が弱っているときや手術のあと、産後などに飲みます。

丸鶏ではなくて、丸鶏のガラスープでもOKです。

今年の夏はまだまだ暑さが続きそうなので、
色々工夫して乗り切りましょう!

夏バテ予防 【中医学編】 part2

近頃の夏は本当に暑い!
夜中も気温が下がらずに寝苦しいですよね。

ついついクーラーをつけっぱなしで寝てしまいがち。

朝方5時ごろになって急に寒くなったり、日中もなんだか体がダル~イなんてことよくあると思います。

これは中医学でいうところの【暑湿感昌】になりかけ。

暑さとジメジメにあってダメージを受けているところに、
クーラーや扇風機などで風や冷気が体内に入ってくることによって起こる夏風邪の症状なのです。

中国ではこういうとき、藿香正気丸という夏風邪専門の漢方薬を使うのですが、
日本ではなかなか手に入りにくいので、代用として味噌汁に
紫蘇の葉・生姜・豆腐を入れて飲んでみましょう。
(このときダシは鰹節でちゃんととる)

それから、くれぐれも冷たい飲み物は控えめに。

暑い最中みなさまご自愛ください。

夏バテ予防 【中医学編】

気温がこんなに高くなると誰もがキツイ、いわゆる夏バテになりがちです。

テレビなどでもさかんに熱中症対策に関しての報道が流れております。

そのなかで「水分を多くとるように」という言葉が頻繁に使用されておりますが、
冷たい飲み物を飲むと胃腸の働きが悪くなり、
小腸などから体内へと吸収されるべき水分が停滞してしまい、
お腹はジャブジャブでも、
必要なところへ水分が運ばれないので体内は水不足となり、
のどは乾いたままという状態となりがちです。

必要なところに水分が足りていないので体を冷やせなくなり、
その結果、熱中症へとつながるのです。

この状態を防ぐためには、あまり冷たい飲み物をとらないようにして、
常温か熱いものを飲むことをおすすめ致します。

胃腸も弱りにくいため、夏バテの予防につながるのです。