記事一覧

最強足三里

ファイル 30-1.jpg

今日は身体中に360以上あるつぼの中でも、もっとも重要な
足三里について説明したいと思います。
                 
・足三里は陽明胃経にあるつぼの名前です。
陽明胃経は、身体の前面、目から足の第2指まで流れており、この経絡の流れる部位にある胃腸、顔面、目、鼻、口、歯痛、精神などを治療できる経絡です。
・足三里は四総穴のひとつで、肚(と)腹(ふく)(胃腸病)を主治します。

・身体の元気を高め、疲労を回復させます。

・効能が期待できる疾病は下肢疾患、急性胃腸炎、嘔吐下痢、盲腸、
顔面(鼻炎、蓄膿、鼻詰まり、味覚障害)、など様々にあります。


日本では古来より、日常を健やかに生きるため、ごく自然に活用されていたようです。

吉田兼好の『徒然草』に見られるお灸について書かれた一節では
第百四十八段
四十以後の人、身に灸を加へて三里を焼がざれば、上気の事あり。必ず
灸すべし。

[現代訳]
四十以後の人は、からだにお灸をすえて、足の三里にもすえておかないと、
のぼせたり、頭に血が上ってかっかかっかなりやすいので足の三里にお灸をすえなさい。ということなのです。
高血圧、脳卒中、ヒステリー、顔のふるえ、めまい、赤ら顔、頭痛
パーキンソンなどがそれにあたると思います。


松尾芭蕉の紀行文「奥の細道」に見られるお灸では

46歳の芭蕉が、江戸・深川の庵をあとにしたのは、旧暦の元禄2年
(1689年)3月27日。
奥羽・北陸を経て、美濃・大垣に至る約2400キロを踏破した中で
詠んだ一節

「もゝ引きの破をつづり、笠の緒を付けかえて、三里に
灸すゆるより松島の月」と詠まれている。

足三里に灸をすえ、旅の疲れを癒していた様子がうかがえます。

中国では足三里に鍼や灸をすることを「老母(ろうぼ)鶏(けい)を食べる」と言い、足三里に治療を施すと、雌の親鳥を食べた時のように体力がつきますよ。と言い伝えられており、特に胃腸が弱って体力が低下しているような場面では、威力を発揮します。この夏、足三里の灸いかがでしょうか。

                     ビバ足三里

夏バテ

ファイル 29-1.jpg

ビールの美味しい季節になってまいりました。居酒屋でもまずは「生・生」!!

身体が熱いと冷たい物が美味しいのは当然です。

ところ変わってお隣中国では、ビールを注文すると「冷えているの? 冷えていないの?」と

聞かれます。わたしが留学当時は冷蔵庫がとても珍しくビールがぬるいのは当たり前でしたが、

あれから20年以上たった今でもこんな注文スタイルが習慣となっているのには理由があります。

中医学が民間の生活の中に幅広くしみわたっている中国では「お腹を冷やさない」習慣が息づいているのです。

中医学ではお腹を冷やすと脾(胃腸)の動きが悪くなると言われております。胃腸の動きが悪くなると

消化吸収が悪くなるので、栄養や水分が体の必要とする場所に行き渡りません。

行き渡らないと、身体は疲れてバテてしまいます。

これが夏バテです。

最近は熱中症予防のためと言って、しきりに水分補給を勧める傾向にありますが

冷たいのを飲むと上記の様な良くない結果になりがちです。

スポーツをしている時も同じで冷たいドリンクをゴクゴクやっていると、スタミナが落ちてしまいます。

お腹を冷やさないようにし、脾(胃腸)がしっかり丈夫になってスムーズな吸収が出来るようになると熱中症にも

なり難くなります。

水分補給を考えるならなるべく常温で、または熱いお茶というのがベストでしょう。

体力を奪われやすい夏だからこそです。

慣れると案外おつなものですよ。

顔面神経麻痺治療

最近治療している顔面神経麻痺の患者さんは7人いらっしゃいます。

その中でも、発症11日目にいらっしゃった患者さんは10日間ほどで見違える

ほど良くなり、見た目にはもう分からないほどにまで回復しました。

それどころか治療している側の顔筋がリフトアップされ肌も綺麗になるので反対側

も治療してほしいとおっしゃられるほどです。

この10日間の内、実質治療回数は5回です。

ちなみに私も一度この病気は体験しておりますが、その時も10日間で完治し

ております。

かたや長い方ではもう五年間も治療にいらっしゃっています。この方は顔面

神経麻痺の他にも頚椎症や眼精疲労などの体のケアを一緒にされているので

すが、顔面神経麻痺に対しての治療も依然行っております。

どうして、治療期間にこれほど差が出るのか。

それは発症してから治療開始までの期間が重要な鍵を握っていると断言して

いいと思います。治療というのは、鍼灸のことですが、あえていうなら中国

伝統医学鍼灸(中国鍼)のことです。なぜなら、中国の鍼灸科では腰痛・肩

こり・リウマチその次が顔面神経麻痺というくらい日常的に治療され経験も

実績も豊富だからです。

くどいようですが、早期に治療を始めないと効果も意味も半減します。普通

は発症したらまず病院に行かれる方が多いと思いますが、病院と並行でも結

構ですので、1日も早くお見えになられることを願っております。

吸い玉治療

ファイル 27-1.jpgファイル 27-2.jpg

  「瘀血」(おけつ)とは何か御存知ですか?

 打撲・ストレス・冷え・慢性病などによって血流に障害が起こり、淀んで
停滞してしまった血液です。

 このよどんだ血液のせいで新しい血液が流れてこないので肩・腰や全身の

色々な部分が痛くなったり重くなったりしてきます。ひどくなると静脈瘤の

ように見た目にも分かるようになります。血管に起こるようになると脳卒中

や狭心症、内臓だと心筋梗塞や肝硬変など重篤な症状にもなりかねません。

癌もまた瘀血が関与していると考えられています。

 このような厄介な存在である瘀血を除去していく方法を中国医学の専門用

語では「活血」と言います。

 この活血の主な治療手段として「吸い玉」と言う治療があるのです。最近

上映されたジャッキー・チェンとウィル・スミスの息子主演の映画「ベスト

・キッド」の中で打撲の治療をしていたあれです。

 写真は特に瘀血のひどい例で瀉血を同時に行っております。

新年明けましておめでとうございます。

謹んで新年のお祝いをを申し上げます。

旧年中はひとかたならぬご厚情を賜り、誠にありがとうございました。

本年も変わり無くご指導ご鞭撻のほど、よろしくお願いいたします。

皆様のご健康とご多幸をお祈り申し上げます。

年末年始のお知らせ

1月の1日、2日、3日、4日、5日はお正月休みのため、休診させていただきます。

6日(木曜日)から診療をはじめます。

皆様良いお年をお迎えください。

風邪それとも花粉症!?

ここ最近風邪がとても流行っているようです。

 症状は鼻水、くしゃみ、のどの痛み、せき。

 そしてその期間が長い。

 本当に風邪なら1週間もあれば完治するはず。

 そう言う私も何か同じような症状あり。

 大体、風邪と花粉症の症状の違いは、風邪はのどの痛みや熱があるが花粉症にはない、
花粉症には目のかゆみがある等ですが、花粉症で鼻が詰まると特に夜、口をあけて呼吸をするので、のどが痛くなり熱が出ると言うこともあるでしょう。

 花粉症から風になるパターンですね。

 目のかゆみは人それぞれですし、花粉の種類によっても差があるでしょう。

 いまどきの風邪は原因がよくわかりにくいということです。

 この時期ならブタクサの花粉かなと思いきや、中国から黄砂が飛んできているようで
つい先日、星を見ようと皿倉山にケーブルで登ったのですが、晴れているのにほとんど星がありませんでした。

 予防するには、体を冷やさないこと、首には何かスカーフなどを巻くといいでしょう。

 うがいをすること、お酒の飲みすぎや夜更かしは体調をくずします。

 主食を中心にバランスの良い食事をとりましょう。

 鍼灸では、風邪予防には背中にある風門と言うツボにお灸をします。

 このツボはかぜの出入り口と言われており、温めることによって初期の風邪治療に効果的です。

碗灸(ワンキュウ)

ファイル 23-1.jpgファイル 23-2.jpgファイル 23-3.jpgファイル 23-4.jpg

焼き物のお碗にもぐさを入れて火をつけます。お碗が段々温かくなって

そのぬくもりがジワーと伝わり、お腹など身体の色々な部分を温める治療器具です。

この碗灸は秋山鍼灸院。のオリジナルで市販の物より底が広く、お灸の燃えも一定になるように

工夫がされております。若松の陶芸家にお願いして作っていただきました。

基本的に治療家向けですが、どなたにでも御譲りします、販売価格は4,500円です。


この碗灸~どういった疾患に向いてるか。

お腹の冷え、胃腸虚弱、胃下垂、胃潰瘍、小腸潰瘍、潰瘍性大腸炎、クローン病、下痢、便秘

疲れ、体力低下、精力減退、膀胱炎、頻尿、腹痛

生理痛、生理周期の乱れ、不妊、出産後のケア、下半身のむくみ

腰痛、背部の痛み、頭痛、喘息、鼻炎 など・・

美容鍼灸(顔はり)

ファイル 22-1.jpg

アジアンビューティーののりでここ数年勢いをつけてきた

美容鍼灸ですが、元々は顔面神経麻痺の治療がお手本となっております。

20年前までの中国では、寒い冬の気候に対して環境設備の対応が出来てなく

顔面神経麻痺の発生率がとても高かったようで、病院の鍼灸科外来には、

顔面神経麻痺の患者さんが一杯でした。麻痺の治療をしていく内に肌が綺麗になって

行く事にきずいたと言うわけです。これに中国医学特有の内面治療をミックスして

中医美容学と言う分野も創設してしまいまいた。ヤルー

その美容はりがアジアンビューティーの名の元、アメリカそれもハリウッドで

大流行したわけです。それで新しい物好きの秋山鍼灸院。も平成18年から取り入れて

いると言うわけです。多分、北九州で中医美容をやっているのはここだけだと思います。

福岡県でも一番最初に始めたような気がします。何を言いたいのか分からなくなって

しまいましたが、美容鍼灸、なかなか効くということです。

中医学鍼灸(中国はり)が世界遺産に

みなさんご存知でしょうか?

中国で鍼灸医学を世界遺産に申請したそうです。

2010年9月12日、中国衛生部副部長、国家中医薬管理局局長の王国強氏は、

衛生部が「鍼灸医療」を世界文化遺産として申請したことを明らかにしたそうです。

かつての毛沢東の時代から、中国政府は中国医学

に対しては、とても協力的で優しいのです。うらやましい限りです。

日本の政治ももう少し東洋医学に理解があれば、我々も患者さんもたすかるとおもいますが。

もし認定が降りると、私も世界遺産の荷い手になるのでしょうかね。