記事一覧

驚異の鍼灸効果

ファイル 94-1.jpgファイル 94-2.jpg

アメリカ在住の日本人女性Sさん、2016.2.8にアメリカの病院で脊柱管狭窄症の手術をしたことで局部の感染症を起こした。

左の写真で見ると分かるように、脊髓の後に髄液が袋状に溜まってしまった。

溜まった髄液による腰神経への圧迫による症状が出現。

その後、再手術を行ったが容態は改善されず、最後の手段として、2017.4.1日本に一時帰国され、当院に辿りつかれた。


症状は、高レベルの腰下肢痛、歩行困難。


中医学的に診て、「不通則痛」により起こる痛みだと診断、治療。

「不通則痛」とは流れているものが詰まることによって起こる痛みのことをいう。

詰っているものを流す「強力な」活血化瘀を図れる治療を行った。


この治療を始めて、2回目の治療を終えた後が右の写真である。髄液の溜まった袋状のものがなくなっているのが分かる。


主症状である腰下肢痛もかなり改善され、少しずつ日常生活に復帰されつつあり、歩行距離も治療を重ねることにより伸びて、散歩をされるまでになった。


Sさんはアメリカでも何ヶ所かの鍼灸院に通われたが、改善をみることはなかったということであるが、施術を受ける者のその時々の体調や、心の持ち方、施術者の技量の差など色々な要素が、治療結果を左右するのでこういうことは珍しくない。

それよりお伝えしたいことは鍼灸自身の可能性である。

現代医学では絶望的な症状も中医学では、奇跡の様に改善するようなことは日常的に起きている。ところが、それを客観的に一目で分かる様、可視化することが、もっと奇跡的なのである。今回はこのように分かりやすい画像があり、幸運である。


よく、「鍼灸はどうして治るの」との質問をお受けするが、鍼灸は個々の技術と感性に依ることが大きく、残念ながら、言葉だけで表現するのがとても難しい!感性の世界であるが故、それに頼り過ぎているのかもしれない。しいて理論を言えば、上記のごとく(不通則通←活血化瘀)単純で基本的なものでしかない。

ただ一つ言えることは、鍼灸の持っているポテンシャルは施術者が引き出すことさえ出来れば強大である。

我々、その使い手は今後、より一層の技術の研鑚と共にビジュアライゼーションが不可欠である。

ひびしんビジネスフェスタ2014が開催されます。

              
11月19日(水)西日本展示場 新館展示場にて
ひびしんビジネスフェスタ2014 が開催されます。
福岡ひびき信用金庫主催で各種約300企業が展示を行う予定です。
秋山鍼灸院。も参加させていただきますので、ご案内申し上げます。
「秋山鍼灸院。がなにを展示するのだろう」と思われる方もいらっしゃるでしょうが、― 「秋山流」治療技術を皆さんに知ってもらいたい ―
というわけです。
鍼灸治療は古くから日本人に親しまれてきた治療法なのですが、まだまだ多くの人達が、「なんとなく知ってはいるけれど、本当はよく分からない。」という印象をお持ちではないでしょうか。
どんな病気に対応できるのか、鍼を打ったらどうして痛みが止まるのか等、疑問をお持ちの方もいらっしゃるでしょう。
また、秋山鍼灸院。独自の治療技術も数多く存在します。
かねてより、もっと多くの人に鍼灸治療を体験してもらう場はないだろうかと考えておりましたので、初の試みではありますが、
―「出張!秋山鍼灸院。」―
という形でアプローチして参りたいと思いますので、どうぞよろしくお願い致します。
具体的な内容といたしましては、実際に会場にベッドを持ち込み、10分程度の治療を受けていただきます。その程度の治療時間でも十分に効果を発揮できる症状はたくさんありますので、まずはご相談ください。
メニエール病の様に、適切な治療法を見つけられずにお困りの方、肝臓の数値が高い方、緑内障など、西洋医学ではなかなか難しい症状であっても、鍼灸では意外にサクッと改善できたりします。定番の、肩こり、腰痛、五十肩はもちろん、そのほかにも、ゴルフの飛距離アップ療法などがあります。今回はもう一つ、美容鍼灸のデモンストレーションを行う予定といたしておりますので、お時間がございましたら是非お立ち寄りください。
開催時間は10:00~16:00です
詳しくはこちらのホームページで
 http://www.fukuokahibiki.jp/about.php 

夏バテ予防 part 3

ファイル 35-1.jpg

汗を大量にかいてしまうと、水を飲んだだけでは体内の水分は補えません。
なぜなら、汗と水は同じではないからです。

体液には、ナトリウム・カリウム以外にもたくさんの微量成分が含まれています。
スポーツドリンクでも同様です。

汗を大量にかくと身体がぐったりしてしまうのは、汗と一緒に微量成分も外に出てしまうからなのです。

普段スポーツでいい汗をかいている方でも、こう毎日暑いと汗を大量にかきすぎてしまい、
おもわず夏バテということになってしまいがちです。

こんなときにおすすめの食べ物は鍋!(正確には鍋の汁)

肉や魚、野菜のエキスがたっぷりと出ているので、
そのつゆを飲むことで大量の微量成分を補充することができるからです。

また、中国では丸鶏のスープを、身体が弱っているときや手術のあと、産後などに飲みます。

丸鶏ではなくて、丸鶏のガラスープでもOKです。

今年の夏はまだまだ暑さが続きそうなので、
色々工夫して乗り切りましょう!

風邪それとも花粉症!?

ここ最近風邪がとても流行っているようです。

 症状は鼻水、くしゃみ、のどの痛み、せき。

 そしてその期間が長い。

 本当に風邪なら1週間もあれば完治するはず。

 そう言う私も何か同じような症状あり。

 大体、風邪と花粉症の症状の違いは、風邪はのどの痛みや熱があるが花粉症にはない、
花粉症には目のかゆみがある等ですが、花粉症で鼻が詰まると特に夜、口をあけて呼吸をするので、のどが痛くなり熱が出ると言うこともあるでしょう。

 花粉症から風になるパターンですね。

 目のかゆみは人それぞれですし、花粉の種類によっても差があるでしょう。

 いまどきの風邪は原因がよくわかりにくいということです。

 この時期ならブタクサの花粉かなと思いきや、中国から黄砂が飛んできているようで
つい先日、星を見ようと皿倉山にケーブルで登ったのですが、晴れているのにほとんど星がありませんでした。

 予防するには、体を冷やさないこと、首には何かスカーフなどを巻くといいでしょう。

 うがいをすること、お酒の飲みすぎや夜更かしは体調をくずします。

 主食を中心にバランスの良い食事をとりましょう。

 鍼灸では、風邪予防には背中にある風門と言うツボにお灸をします。

 このツボはかぜの出入り口と言われており、温めることによって初期の風邪治療に効果的です。

美容鍼灸(顔はり)

ファイル 22-1.jpg

アジアンビューティーののりでここ数年勢いをつけてきた

美容鍼灸ですが、元々は顔面神経麻痺の治療がお手本となっております。

20年前までの中国では、寒い冬の気候に対して環境設備の対応が出来てなく

顔面神経麻痺の発生率がとても高かったようで、病院の鍼灸科外来には、

顔面神経麻痺の患者さんが一杯でした。麻痺の治療をしていく内に肌が綺麗になって

行く事にきずいたと言うわけです。これに中国医学特有の内面治療をミックスして

中医美容学と言う分野も創設してしまいまいた。ヤルー

その美容はりがアジアンビューティーの名の元、アメリカそれもハリウッドで

大流行したわけです。それで新しい物好きの秋山鍼灸院。も平成18年から取り入れて

いると言うわけです。多分、北九州で中医美容をやっているのはここだけだと思います。

福岡県でも一番最初に始めたような気がします。何を言いたいのか分からなくなって

しまいましたが、美容鍼灸、なかなか効くということです。

続、続、続上海

ファイル 18-1.jpgファイル 18-2.jpgファイル 18-3.jpgファイル 18-4.jpgファイル 18-5.jpg

上海には、大金持ちもたくさんいるけど、貧乏な人もたくさんいます。

その貧乏な人々の間で、ここ最近流行っているのがこの麻棘湯(マーラータン)です。

麻(マー)は山椒のしびれる感じをいい、棘は唐辛子のヒーヒーいう辛さ、

辛くてしびれるこの麻棘湯は、おいしくパンチがあって、

なおかつ安いので庶民の味方なのです。

特に寒い大陸の冬にはもってこいの一品です。

元は、重慶(じゅうけい)発祥のスープで

具材は100種類くらいの中から自分で好きなものを選んで調理してもらいます。

辛い物好きな人は上海に行かれたときには、挑戦してみては!

首、肩のこり・五十肩

ファイル 14-1.jpg

この季節、急に肩こりや首の痛みを訴える方が多くなってきます。

今年は特に冷えるので、例年より多いみたいです。

原因は、まさに冷えで、首をぎゅうっと縮こめるためにおこるのです。

頚椎症と言う疾患がありますが、これは骨の変形や腫れなどの原因で、

頚椎の関節の間にある空間が狭くなり頚神経を圧迫することによっておこる、手のシビレ、肩のこり

首の痛みなどを言います。悪化すると、五十肩、頭痛、吐き気、めまい、耳鳴り、難聴、

そしてメニエル症候群の様な症状まで出現してきます。

実際、当院にメニエルの治療で来院された患者さんの9割以上が、頚椎の治療でよくなっております。

突発性難聴も同じような感じです。耳の周囲の神経や血流は、頚椎と関係があります。

現に頚椎症の中にバレーリュー症状と言うのがあり、頭痛・頭重感・めまい・耳鳴り・難聴・

悪心・嘔吐・眼振・眼痛・霧視などの症状所見がみとめられています。考えてみれば当然の気がしますが、

治療の現場は、整形外科・耳鼻科・心療内科と分割されていて困りますよね。

話が飛んでしまいましたが、首をぎゅうっと縮こめるために上記のような頚椎症の症状が

この季節、多数発生しております。お気をつけください。


どう気をつけるかと言うと、まずは防寒でしょう。首を冷やさないようにネックウォーマーや

マフラー等の装着がおすすめです。(私もしています)

他にも、後ろ首の下あたり(両肩甲骨の間)にホッカイロを貼るのもおすすめです。

また、お風呂にゆっくり浸かったり、岩盤浴もいいですよ。

鍼灸治療では、こういうときにはお灸を使います。お灸にも色々ありますが、鍼の上にお灸を

のせて鍼とツボを温めていく灸頭針[きゅうとうしん]というものがあって、首の冷えや頚椎症には

モッテコイです!上の様な症状が出た時には、ご相談ください。

秋山鍼灸院。改造

ファイル 13-1.jpgファイル 13-2.jpgファイル 13-3.jpgファイル 13-4.jpg

         

秋山鍼灸院。~外装の衣替えをいたしました。

テーマは、「日本一の鍼灸院・・(ナンチャッテ)」

写真左 正面玄関(写真に写っているのは長女さくらです)

昼と夜で、こんなにイメージが違うんですね。

そして最後の写真は、院内の待合室です。

スッポン

ファイル 12-1.jpgファイル 12-2.jpgファイル 12-3.jpg

スッポン

 中国の代表的薬膳料理スッポンの丸蒸しです。ちなみにこれは福岡県を流れる

筑後川で網にかかった純天然のスッポンです。中国で5年間生活していたせいで

スッポンでも鶏でもさばけるようになりました。

 スッポンの場合、まず首を落とし、お腹を十文字にかっさばきます。そのつぎに、

内臓を全部取り出し、綺麗に洗った後、熱湯につけて薄皮をはがします。下処理はここまで、

処理をすませたスッポンを器にのせ、塩をします。ネギ・生姜・金華ハム(きんかハム)をそえ

紹興酒をかけたら器ごと蒸し器に入れ1時間ほど蒸します。

これで、出来上がりです。


~スッポンの効能~

中医学ではスッポンの事を鼈(ベツ)と呼び、滋陰潜陽、軟堅散結、退熱除蒸の効能があります。

どういうことかというと、身体に必要な血や精などの滋養物質を補って、疲れやストレスなどから

おこるほてりや発熱を抑えます。また、身体の中に出来た腫瘍やリンパ腫みたいな堅いものをやわらかくすることです。

主に‘腎‘に作用することで、陰陽の源を補い、人の成長・生殖・免疫・髪・歯・骨・腰・下肢・脳・髄の

働きを健やかにします。

写真のスッポンは、不妊治療にこられたかたの出産祝いに僕がつくったものです。

中医学産婦人科研究会‐穹(みそら)

  
 きょうは、二つ目の勉強会をごしょうかいさせていただきます。

この会は「中医学産婦人科研究会‐穹(みそら)」といいます。

変な名前だと私も思うのですが、メンバーの一人が会発足時期に赤ちゃんを授かりまして

その子の名前が穹(みそら)だからなのです。

 助産師6・7人と秋山鍼灸院。のメンバーで、

横浜の宮原桂先生著「漢方なからだ」を教科書にして、中医学の基礎理論から月経不順・生理痛・不妊症・

逆子・悪露・安産・後産(子宮回復)・男女児の産み分け・小児推拿(マッサージ)・小児のアトピー・

小児喘息・母乳のトラブル・産後のケア等など中医学(鍼灸・漢方)ではどう対処するか・・・・・のお話をしております。

 勉強の後には、中華料理屋で薬膳料理を食べたり、スペイン料理屋ではパエリアを初めて食べてこんなもんだなと

思ったりしています。

講師は、また 秋山鍼灸院。院長秋山勇人・・私です^^あしからず^^;

この会は、まだまだ始まったばかりでこれからどうなっていくかが楽しみです。

助産師さんや看護師さんで、中医学や漢方・鍼灸に興味のある方は、連絡をお待ちしております。


連絡先
秋山鍼灸院。
福岡県北九州市若松区白山1-18-14
093-771-8880   まで

ページ移動