記事一覧

坪様の☆赤ん坊生態日誌☆(1)

ファイル 17-1.jpg

ばぶばぶー、つぼさまでちゅ☆


はい、今回は漢方のお話です。

先日、わが子に黄疸がでました。


その報告を受けた私は慌てふためき

まさか!肝臓の病気なのでは?!

などと、頭を抱えておりましたところ

秋山鍼灸院。院長、秋山勇人師より

「たいしたことはない。」

と、一喝。

産まれたばかりの赤ん坊にはよくある
ことだそうで、黄疸に関する有難い教
えを乞うことが出来ました。

なんでも、この症状には

漢方の「黄連解毒湯」が良いそうです。

早速、極少量を水に溶いて与えたところ

あらら、こんな顔に。

「苦ー!」

今は元気いっぱいです。