記事一覧

2010 F1 イタリアGP

ようやく試験終わりましたァ!
結果はともあれ?!ホッとしました。

試験最終日の前夜、経絡経穴の勉強をしていて途中集中力が切れたので
ちょこっとだけと思いF1(Formura 1)を鑑賞していました。

9月12日 第14戦 イタリアGP モンツァサーキット
フェラーリの聖地イタリアGPの決勝

20周回以降から観たのですが、マクラーレンのルイス・ハミルトンの姿がない...。
オープニングラップでリタイアしてました(泣)

マクラーレン代表のマーティン・ウィットマーシュは今回の件について以下のようにコメントしていました。
「アドレナリンが放出される超高速バトルでは数ミリ、数センチの違いがヒーローとゼロの違いになる。
それがこのスポーツの特性だ」

臣使の官にはこう聞こえました
「アドレナリンが放出される超高速片手挿管では数秒の違いで神速になるか否か、
取穴部位では数ミリの違いが響きの有無を決める、それがこの鍼の特性だ」

F1を観てると、とても繊細な技術とセンスが必要とされるスポーツなんだな、と
ドライバーズテクニックを凝視してるのが楽しいです!

2008年にワールドチャンピョンになった英国の英雄ルイス・ハミルトンは、
とても才能のある選手だけに、出る杭は打たれるってところもあるようですが、
高い技術力と常に攻めの姿勢で勝負に挑む姿はめっちゃカッコいいです。

現時点でのドライバーズポイント
1位 187ポイント マーク・ウェバー(レッドブル)
2位 182ポイント ルイス・ハミルトン(マクラーレン)
3位 166ポイント フェルナンド・アロンソ(フェラーリ)

最終戦11月14日のアブダビGPまで突っ走ってワールドチャンピョン狙って欲しいです。
日本GP、鈴鹿サーキットも来月で楽しみですね~。

映画『アイルトン・セナ~音速の彼方へ』が、10月8日より全国ロードショーされます!

1994年のイモラサーキットでの衝撃的な事故死から16年たった今もなお
「ベスト・オブ・F1・ドライバー」として語り継がれる伝説のF1ドライバー、
アイルトン・セナの生誕50年にあたる今年、セナ初となるドキュメンタリー作品。

私の趣味なのですが、今後もF1に関して時々アップさせて頂きたいと思います。