記事一覧

解剖学 vol.1

ファイル 11-1.jpg

寒さを真近に迎える頃となりました。
皆様お元気のことと存じます。

本日は「勤労感謝の日」
勤労をたっとび、生産を祝い、国民互いに感謝しあうことを趣旨としている。
そういう意味の込められた祝日だそうです。

私は、未の刻に起床し久しぶりに12時間ほど寝ていました。
筋肉痛により、脳より筋肉が疲労していたのでしょう。
なかなか起きあがれずに、長い時間寝てしまいました...。

筋肉痛の原因は、2日間にかけての洗車とワックス掛けによるものです。
・僧帽筋
・肩甲挙筋
・上腕の筋
・前腕の筋
・拇指球筋
これらの筋群が重だるく、痛みを伴っています。

今の車に替えて初めてワックス掛けというのをしたのですが、
下地を作る為の水アカ落としは大変ですね。

一日50キロは走らせるので、ピカピカの車でドライブすると気分爽快です♪
海にドライブでも行きたい気分ですが、今週から中間試験が始まるのでお預けです。

写真の骨君にキネシオテープを貼っているのですが、見えますか?!
筋肉の起始、停止を覚えているところです。
テープを貼った箇所の筋肉の紹介をしたいと思います。

【右手(左側)前腕浅層の屈筋群】
・円回内筋   (前腕の回内及び肘関節の屈曲)
・橈側手根屈筋(手関節の屈曲及び外転)
・長掌筋    (手関節の屈曲及び手掌を窪ませる)
・尺側手根屈筋(手関節の屈曲、尺屈)

【左手(右側)-前腕浅層の伸筋群】
・腕橈骨筋  (手で重たい荷物を持ったり急に肘を屈曲するときに働く)

前腕だけでも他にたくさんの筋がありますが、こうやって一つずつ解体
してみていくと、最近解剖学も楽しいなって思えるようになりました。
長掌筋の腱は前腕のほぼ正中で手根を屈曲したときに強く浮き出して触れることが出来ます。
興味のある方は屈曲してみて下さい。
テニス肘の方などスポーツ障害で来院される看者さんには、局所的に鍼をアプローチ
する事が多く、支配神経、筋、骨など解剖学の大切さを痛切に感じます。

今回の中間テストは、前回より点数をあげないと先輩に食事をご馳走してもらえないので、
解剖学は絶対に高得点を狙って頑張りたいところです。

中間試験終わり次第、またアップさせて頂きます!