記事一覧

えっび、えび、えび、エビチリ~(´゚艸゚)ムプw

海老・・私の大好物デス(ω`*)
東洋医学的に、海老は身体を温め潤す作用があり、
また殻には血行を良くする作用があるので・・私にはピッタリ(ω`人*)
以前外食が続いたとき、迷わずエビマヨ、エビチリ、、と
海老パラダイスをしたこともある位大好きなんです(ω`人*)

それでですねw
土曜日、早目に帰宅出来たんで冷蔵庫をみると・・
大量の海老チャン発見( ´艸`)

母に聞くと、お弁当用の海老フライにするためだと言われたけれど。。
好きに使っていいとお許しをいただき・・


つくってみましたwエビチリ|ω・。)v


チリソースを投入し、とろみがついてきたとき、もぉ涎が出そうでした( ´艸`)
まぁ、、豆板醤、レシピ通りに入れたら・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(:.;゜;Д;゜;.:)からっww
カレー甘口な私には、刺激がチョット強かったwなので、砂糖等足したのは言うまでもありませんww
だけどw
自分が言うのも何なんですけど・・・めっちゃ美味しかった(´゚艸゚)ムプw

母は、エビチリって家で作れるんだぁ~ッテ感心してましたw
(そぉ言えば、家で食べる母のエビチリって・・既製のチリソースだったなw

土曜・夕食に出し(父、学会で不在
日曜・・焼肉なんに父に食べてほしいからホットプレートで温めなおしw
月曜・・・お弁当の一品になる予定( ´艸`)

明日は、お昼が楽しみとなってます(´゚艸゚)ムプw

漢方茶~加味帰脾茶~

秋山鍼灸院。の待合室にご用意しております【漢方茶】

また、一つ増えました^^

漢方茶~加味帰脾茶~

かみきひちゃ と読みます。

虚弱体質で血色の悪い人で
のぼせ、イライラ等いわゆる
ストレスをお持ちの人によいです。
精神安定や消化器系機能をよくしていきます。
物忘れが多く不眠、貧血、食欲不振、
動悸、寝汗、精神不安、神経症等によいです。

~成分~
柴胡・山梔子・牡丹皮・酸棗仁
遠志・竜眼肉・茯苓・人参・黄耆
白朮・蒼朮・当帰・木香・甘草
生姜・大棗


ということで、
左から順に

加味帰脾茶

香砂六君子茶

六味茶

八珍茶

独活茶

プーアール茶

以上の漢方茶がございます。是非ご試飲くださいませ^^

漢方茶~独活茶~

ファイル 21-1.jpg

漢方茶~独活茶~

どっかつちゃ とよみます。

経絡を通し、関節のはれ・痛みを和らげ、筋のこわばりをとります。

リウマチ・関節炎・腰痛・膝痛・肩こり・捻挫・打撲等

~成分~
独活・羌活・秦艽・防風・細辛・
牛膝・杜仲・肉桂・芍薬・甘草・茯苓

漢方茶~香砂六君子茶~

ファイル 17-1.jpg

漢方茶~香砂六君子茶~

こうさりっくんしちゃ と読みます。

胃腸の働きを助け、胃腸自体を強くします。

身体の疲れをとったり、胸のつまりをとりスキッとさせる働きがあります。

胃もたれ、下痢、吐き気、夏バテ、食道炎、胃炎

等にもよいでしょう。


成分
人参・白朮・茯苓・甘草・半夏・陳皮・香附子・縮砂・大棗・生姜・藿香

芋煮会

ファイル 13-1.jpgファイル 13-2.jpgファイル 13-3.jpg

前ブログでは、漢方茶をUPすると言いましたが、その前に先日のことを^^

11月8日日曜日、宗像で芋煮会が開催されました。
70名程の参加。朝から天気に恵まれたよい会となりました。

院長主催の芋煮会、我々は世話人として動いており
里芋と猪のお肉をつかったお汁の他に、塩秋刀魚も準備しました。
その写真が、左のもの^^70匹あると・・こんな感じになるんですね(笑)

東洋医学では食べ物の性質を、温熱(身体を温めてくれる食べ物)・平・涼寒(身体を冷やしてくれる食べ物)にわけます。
里芋や猪は、平性の食べ物。
塩秋刀魚は、、塩は涼寒・秋刀魚は温熱性の食べ物ですね^^

おいしくいただきました^^
宗像の山の中、空気も大変おいしかったです^^b

漢方茶

ファイル 12-1.jpg

秋山鍼灸院。の待合室に、【漢方茶】をご用意しております。

なんか・・患者さんから聞いた話、若松の農家の方々から絶賛されているらしぃです(´゚艸゚)ムププ


さて、左から

香砂六君子茶

六味茶

八珍茶

独活茶

プーアール茶

以上5種類の漢方茶です。

これから一つ一つ説明していこうと思います^^

無花果

ファイル 11-1.jpgファイル 11-2.jpg

今日は、芋煮会の準備・草むしりにと・・宗像の畑へ行ってまいりました。


そこで、都会っ子な、私は・・実は今日初めて知りました( ´艸`)

無花果(いちじく)のつきかた(´゚艸゚)ムププ


いちじくは漢字で「無花果」と書きますが、花がないわけではのをご存じでしょうか?
いちじくは実の中に小さな花をつけるため、外からは確認できないのです。

東洋医学的効能として、以下のものがあります。
健脾益胃;胃腸を丈夫にする
潤肺止咳;毛細血管の循環障害改善
解毒消腫;炎症を収めて炎症によるむくみを解消する


また、イチジクは比較的多くカリウムを含み血圧を下げる効果があります。ペクチンという水溶性食物繊維が豊富で整腸作用があります。鉄分も多く含まれているので、多食すると胃の負担となるので、程ほどに召し上がるのがよいでしょう。

お風呂で風邪予防^^b

いくぶん残暑も和らぎ過ごしやすい季節となりました。
朝晩はちょっぴり冷えますから、あたたかいお風呂にゆっくりつかることが楽しくなってきました。
烏の行水は、あまり好きじゃありません^^;
やっぱり、ゆっくりじっくりつかり身体の芯から温めて、血行促進を促してあげるのが好きです^^b


ところで、
ちょっといいはなしの7に【風邪 -風門】があります。
http://www.haritenshi.com/story/index.cgi?page=10
ここには、風邪を引かない秘訣が書かれています。

背中の肩甲骨と肩甲骨の間に『風門』と言うツボがあり、風邪はここから侵入してくると言われています。
ですから、お風呂に入って背中の上の部分を洗うときに石鹸を使わないようにします。
要するに、風門の垢(あか)を落とさないようにして風邪の侵入を防ぐわけです。

そこの垢を落とさないようにするのもいいですし、
また、お風呂あがり前に、少し熱めにしたシャワーで首筋を温めてあげることも風邪予防にいいんです。
それとも髪を乾かす際に、ドライヤーで首筋を温めてあげることもいいです。
ぜひ、習慣づけてみてください^^

中医学産婦人科勉強会『穹(みそら)』

ファイル 2-1.jpgファイル 2-2.jpg

毎月第四土曜は、中医学産婦人科勉強会があります。
中医学産婦人科勉強会『穹(みそら)』我々鍼灸師と助産師の方とで
中医学の基礎を学んでいます。
勉強会名の由来は、そこで一緒に学ぶ助産師さんのお子さんの名前なのです。
勉強会を始めた頃、既にお子さん♂の名前は決まっており、そこから頂戴したものなのです。
先日、生後一か月を迎えられました^^おめでとうございます^^

勉強会では、皆で中医学の本をよみ基礎を学び、また実際に漢方薬に触れたり味見したりしました。
その後は、食事・お酒を交えながらの情報交換です。
食事も、勉強会の一つ(笑)薬膳料理が出てきます。

写真は、
【左】当帰(とうき)と何首烏(かしゅう)のスープ と
【右】西瓜の焼酎(ロック)です。


何首烏(かしゅう)は、ツルドクダミの塊根で、
滋陰・強壮・益精補血・コレステロール降下作用・動脈硬化の抑制作用・瀉下作用・抗ウイルス作用があります。
また、当帰(とうき)は、補血・行血・潤腸・調経という薬理作用があります。
この二つの漢方を合わせていただいたスープは、補血作用抜群^^
私も、助産師さん方も。。喜んでいただきました^^

そして、西瓜の焼酎^^
西瓜は、捨てるところがないといわれる宝物ということをご存じですか?
 赤いところは暑気の熱をおさめ、利尿などの作用がよく知られていますが、
皮の白いところは「西瓜翠衣(セイカスイイ)」という漢方薬で、強い利尿作用を持つリトルリンが
多く含まれているのです。
また、種は肺と胃腸の機能をよくし、通便作用もあるんです。
 西瓜は、寒性の性質があるので、胃腸の強くない方はあまり多食しないようがよいでしょう^^
なので、私は嗜む程度にいただきました^^c

身になる、こんな勉強会もいいでしょう?^^v

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ