記事一覧

おかがき病院 総合診療科

【おかがき病院 総合診療科】

月曜日午前中
担当 松(まつ)股(また) 孝
 おかがき病院総合診療部長・地域総合支援センター長
 日本尊厳死協会九州支部ふくおか会長・医学博士

めずらしい病気をズバリと診断するドクターGのようにカッコよい総合診療医ではありませんが、かぜにも心を騒がせる藪のような総合診療医をやっています。
4人にひとりが高齢者です。高齢者は多くの疾患を抱えている場合があります。そのような人には、多くの薬を使うよりも漢方薬が有効なことがあります。
「歳のせいかな?」と思っていた高齢者が、ビタミン・ミネラル不足で、貧血になったり、心臓が弱くなったり、足が腫れたり、認知症ぎみになっている場合があります。
骨が弱くなっているだけではなく、骨から溶け出たカルシウムが大動脈弁を狭くして、ちょっと動くと息切れしている高齢者もおられます。
便秘や不眠やこむら返りに苦しんでいる高齢者も多いようです。
そのような高齢者の皆様の総合外来を担当しています。同時に、福岡県中小企業団体中央会の機関誌NEWSふくおかの「今日も元気」コーナーを毎月担当している医師として、中高年の皆様の健康相談にも応じます。
福岡県に4千人おられる日本尊厳死協会の会員の皆様には、終末期医療に必要なリビング・ウイルに関する情報を、九州支部のふくおか会長としてお伝えしますので、総合外来をご利用ください。


①複数の病気を抱えている高齢者の総合診療
②中小企業や農家の人の健康相談に応じます
③リビングウイルに関する情報を提供します